中学受験の魅力について

私は長女を今春より私学の中学校に通わせています。長女の中学受験を経験して多くの魅力を感じました。まずは、親子の会話が増え、同じ目標に向かって邁進できたことです。小学校高学年の女の子は思春期がはじまる時ですので親子の会話が減ることが多いです。私の娘と同級生の母親からは「娘が家で口を利かなくなった」「家では携帯ばっかりして親子の会話がない」といった愚痴がよく聞かれます。しかし、我が家では中学受験するにあたり、第一志望校をどうするか、受験日までどのように過ごすかなど親子が話し合う中で、上記のような状態は見られなかったです。

第二の魅力は家族の距離が近くなったことです。夫は仕事が忙しく、子どもと出かけたりすることはなかなかできない状態でした。そのため子育ても母親である私がほとんど担ってきました。しかし、娘が中学受験をすると決めてからは費用の面なども含め、私一人では決められないことも多く相談すると、それをきかっけに仕事の合間をぬって入試説明会に参加するなど、子育てに積極的に参加するようになりました。志望校を決定する時には家族みんなで話し合い、その合格に向けて家族一丸となったので、家族の距離が縮まり、絆が強まりました。