中学受験の魅力について考える

私は長男を中学受験させ、この春から私立の中学校に通学させています。私は息子の受験を通して、中学受験については色々な魅力を感じることができましたが、最大の魅力は子ども自身が大きく成長したことです。

私の息子はおとなしくクラスでも目立たないような性格でしたので、夫も私も中学校は校区の公立中学校に進ませるつもりでした。しかし、小学校4年生の時に同級生が塾に通い始めたのを見て、「僕も塾に通いたい」と自分から言ってきました。日頃、あまり自分の希望を言わない子どもでしたので、驚くと同時に、「せっかく自らの意思を表明しているのだから、かなえてあげよう」と夫婦で相談して、同級生と同じ塾に通わせることにしました。そしてそこで、中学受験という目標に向けて計画的に努力している多くの子ども達を見て、自分から「中学受験をしたい」と言ってきましたので、そこから合格に向けての生活が始まりました。

合格するためには今の自分に何が欠けているのかということを考え、それを補うように努力し、入試当日まで計画的に勉強する息子の姿を見て、小学校の高学年という心身ともに大きく成長する時期にこのような日々を経験させられたことは非常によかったと思います。